ご挨拶
国土交通省の方針は、「既存住宅インスペクション・ガイドライン」などからも判る様に、欧米と同じ様な住宅の流通環境を目標(年数が経てば、住宅の状態が良くても価値が無くなる今の日本の常識?を打ち破り、将来的に、現状の住宅の状態に合った価値で住宅の売買ができる流通環境)にして、中古住宅のインスペクションに力を入れています。今から住宅を購入する方は、ぜひ、新築、中古にこだわらず住宅を購入する時の不安を解消させる為にホームインスペクションを依頼して下さい。
最後に注文住宅を建てられる方に「欠陥住宅を造らせない。手抜き工事をさせない」為には、必ず民間の住宅検査を依頼する事をアドバイスします。何故ならば、現場監督の建築工事に対する知識が無い為、工事を職人まかせにしている事が多いのです。大手ハウスメーカーだからとか、地元の大きな工務店だから大丈夫ではないのです。また公的検査機関が入るから大丈夫ではと思われる方がいます。しかし、公的検査機関の検査員は欠陥住宅を建てているかどうかとか、手抜き工事をしているかどうかを検査する訳ではありませんので勘違いしない様に気を付けて下さい。
大きな問題は、現場監督本人が違法行為をしているとか、手抜き工事をしているとかは思っていないから、お客様にも疑われもせずに家が完成してしまう事が問題なのです。是非、「新築工事検査」を依頼して下さい。

▲ ページの上へ